慢性蕁麻疹|北九州市戸畑区|きとうクリニック top

Beautiful asian woman relaxing in the bathroom

自分は小さい時アレルギー体質でアトピー性皮膚炎がかなりひどかったです。

子供のころの事もあって医師になってからアレルギーを中心に専門外来をしていた時期がありました。
このころは小児科で食事療法(除去食中心)をおもに行っていました。

食事療法が中心だと、薬をいろいろ工夫したり、生活習慣の改善を行ったり・・・
いろいろと試行錯誤がありました。

自分も皮膚が弱かったので、自分の経験もいろいろと役立つ事が多かったのです。

アトピー性皮膚炎などのアレルギーを真剣にしている医師には特徴があります。

自分か、奥さんか、子供が大抵ひどいアレルギー疾患をもっています。
ようは真剣にせざるを得ないのです。

ハッキリ言ってアレルギー性の皮膚炎などは労力の割には経済的には実入りは少ない・・・と思います。
しかし、やらざるを得ない・・もしくはいろいろな細かい事をしていると確実に効果がある・・・などを経験して地道に行う事で患者さんにも喜ばれる事も多々あります。

自分もいろいろしていると、皮膚科で診てもらっていても治らない患者さんが来られます。    一回診てください・・・と

すると・・・皮膚科の先生がなかなか直せなかった湿疹も場合により直せたりしました。
もちろん必ず治るわけではありませんが・・・結構なおります。
ただし時間と労力はかかります。 当然ですけど・・・

皮膚科領域の常識を無視できるからなのか? 治ることが結構あります。
意外と簡単に・・・
患者さんはラッキーです。   裏ワザ的なものが自分が使えるからかもしれません・・・

あまり詳しい事はここでは書けません。

皮膚科にかなり長めに通ってもうまく行かない場合に検討する価値があると思います。
ただし本来は湿疹は皮膚科が専門家ですので・・・皮膚科の先生の指示に従っても治らない場合にご検討ください。

しかし、慢性の治らない病気があります・・・これらは無理です。

きとうクリニック

北九州市戸畑区浅生3-11-11

電話 093-871-3354

コメントを残す